So-net無料ブログ作成

第66期王座戦一次予選/平藤真吾七段vs藤井聡太四段/2017年11月21日対局予定 [将棋ニュース]

2017年11月21日(火)に関西将棋会館(大阪)で開催される第66期王座戦一次予選2回戦で平藤真吾七段(54)と藤井聡太四段(15)が対局する予定です。

対局予定・結果、記録|日本将棋連盟

この対局を、ニコニコ生放送、AbemaTV、将棋連盟ライブ中継で生中継の予定。

将棋チャンネル 番組表 | AbemaTV(アベマTV)
AbemaTV将棋チャンネル
11月21日(火)09:30 ~ 11月22日(水)02:00

ニコニコ生放送
【将棋】第66期王座戦一次予選 平藤眞吾七段 vs 藤井聡太四段 - 2017/11/21 10:00開始 - ニコニコ生放送
10:00~ 無料生放送
※スタジオ解説は12時40分から。
※対局終了後に行われる感想戦まで無料放送します。

■王座戦
8大タイトルの一つ。
主催/日本経済新聞社

全棋士と女流棋士4名で行われます。
一次予選、二次予選のトーナメント戦を行い、二次予選を勝ち抜いた棋士とシード棋士の16名によって、挑戦者決定トーナメントを行い、挑戦者を決めます。
例年9月から10月にかけて王座と挑戦者が五番勝負を行います。

持ち時間は各5時間

王座戦|日本将棋連盟
第65期王座戦結果、挑戦者の中村太地六段が初のタイトル獲得。

第66期王座戦一次予選|日本将棋連盟
一次予選はイロハニホヘの6組でトーナメント。
藤井聡太四段は「ホ組」。




藤井四段50勝「節目(せつもく)の数字」感慨表現 - 社会 : 日刊スポーツ
2017年11月22日10時2分 紙面から
>藤井聡太四段(15)が21日、大阪市の関西将棋会館で指された第66期王座戦1次予選で平藤真吾七段(54)を126手で破り、公式戦通算50勝(未放送のテレビ対局を除く)を達成した。

藤井聡太四段 通算50勝を達成 | NHKニュース
11月21日 22時37分
>藤井四段は去年10月1日に、史上最年少の14歳2か月でプロ入りし、1年1か月余りたった21日までに公式戦で6回しか負けることなく、通算50勝を達成しました。
>これまでに藤井四段と同じように中学生でプロ入りを決めたのは、羽生善治棋聖、渡辺明二冠、ことし現役を引退した加藤一二三九段、谷川浩司九段の4人の有名棋士です。
>この4人が50勝を達成した時の負け数は、羽生棋聖が16、渡辺二冠が30、加藤九段が17、谷川九段が26となっていて、6回しか負けていない藤井四段は89%という極めて高い勝率を誇っています。
>また、50勝達成までにかかった期間は、羽生棋聖が1年3か月余り、渡辺二冠が2年余り、加藤九段が2年1か月余り、谷川九段が2年3か月余りなのに対し、藤井四段は1年1か月余りしかかかっておらず、デビューから順調に勝ち星を積み重ねていることがわかります。



《関連記事》
第66期王座戦一次予選/小林健二九段vs藤井聡太四段/2017年9月20日対局予定






nice!(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。